Co-creating Tomorrow
Co-creating Tomorrow
あべのハルカス
観光特急しまかぜ
Time's Place
英虞湾
あべのハルカス
観光特急しまかぜ
Time's Place
英虞湾

MISSIONミッション

近鉄ベンチャーパートナーズ株式会社は、ベンチャー企業と近鉄グループとの協創を推進し、社会課題の解決や地域の更なる活性化に貢献いたします。

運輸、旅行・レジャー、流通・飲食、ホテル、不動産、広告・情報サービスなど幅広い分野で、ベンチャー企業とオープンイノベーションに取り組み、新しい事業や新しいサービスを創造いたします。

近鉄グループの持つあらゆる資源を活用し、ベンチャー企業の成長を支援いたします。

NEWS新着情報

近鉄ベンチャーパートナーズ NEWS

ニュースリリース2021/4/28
ニュースリリース2020/9/14
ニュースリリース2020/6/12
過去のニュース
ニュースリリース2019/12/10
お知らせ2018/6/1
本日近鉄グループのCVCとして近鉄ベンチャーパートナーズが設立されました。

MESSAGEトップメッセージ

代表取締役社長 藤田一人

ベンチャー企業との「協創」により、
明るい未来を拓きます。

代表取締役社長 藤田一人

ベンチャー企業との「協創」により、明るい未来を拓きます。

近鉄ベンチャーパートナーズは、近畿日本鉄道を中心に運輸、旅行・レジャー、流通・飲食、ホテル、不動産など暮らしに関わる多様な事業を展開する「近鉄グループ」のコーポレートベンチャーキャピタル(CVC)として、2018年8月に誕生いたしました。

私たちは、「ベンチャー企業との協創により、新たな事業を創造し、明るい未来を拓く」ことを目標として、活動してまいります。

そして、ベンチャー企業の皆さまにとって、さまざまなB to C事業・サービスを展開する近鉄グループとの結節点、触媒の役割を果たし、そのリソースやアセットを活用したPOC(Proof Of Concept)、POV(Proof Of Value)の機会を提供することで、ベンチャー企業の皆さまとともに新しい事業や新しいサービスの創造にチャレンジいたします。

ベンチャー企業の斬新なアイデアや最先端テクノロジーは、これからの社会の発展に欠かせないものであり、私たちもさまざまな形でベンチャー企業の成長のためのご支援をしていきたいと考えています。

BUSINESS事業概要

近鉄グループは運輸、旅行・レジャー、流通・飲食、ホテル、不動産など、暮らしに関わる多様な事業・サービスを展開しております。また、ビジネスマンや学生、観光客などが行き交う鉄道の駅やあべのハルカスをはじめとした商業施設などのアセット・フィールドを多数保有しています。

近鉄グループが保有する
主なアセット

運輸

運輸 運輸

2府3県にまたがる286駅・501.1㎞の鉄道ネットワーク、輸送人員 年間約5億7千2百万人(2019年度)

全国で展開する観光バスや乗合バス事業

大阪・奈良をはじめ、主要都市でのタクシー事業

など

主な企業

旅行・レジャー

旅行・レジャー 旅行・レジャー

多数の旅行ファン・会員を抱える「近畿日本ツーリスト」「クラブツーリズム」

志摩スペイン村、海遊館、生駒山上遊園地、ゴルフ場などのレジャー施設

など

主な企業

流通・飲食

流通・飲食 流通・飲食

あべのハルカスなど沿線を中心に10店舗を展開する百貨店や商業施設

駅ナカショッピングモール「Time's Place」や物販・飲食店舗

大阪府・奈良県・京都府で37店舗展開するスーパーマーケット「KINSHO」

など

主な企業

ホテル

ホテル ホテル

国内外で23施設展開しているホテルチェーン「都ホテルズ&リゾーツ」

など

主な企業

不動産

不動産 不動産

関西各府県のほか、首都圏・中部圏などでも開発・販売する戸建住宅・マンション

分譲事業・賃貸事業・仲介事業・リフォーム事業など住まいに関わる全ての事業を展開

オフィスビル、商業施設などの賃貸業および管理業

農業やエネルギー事業など様々な事業に進出

など

主な企業

その他にも

KIPSカード会員

近鉄グループが営む各事業において保有する各種データほか

(2020年9月末現在)

近畿日本鉄道の沿線

近畿日本鉄道の沿線

THEME投資テーマ

グループ事業とのシナジーの観点

あらゆる事業分野で必要となる運営の効率化・省人化

グローバル&ICT社会でのマーケティング、プロモーション、コミュニケーション力強化

顧客ニーズの多様化に対応するサービスの高度化、付加価値向上

新事業創出の観点

高齢化・人口減少などに対応する新事業・サービス、地域活性化策

環境・エネルギー、農業、健康・医療などの社会課題の解決を目指す新事業

FinTechなど、テクノロジーの進化そのものが創出する新事業

投資実行までの流れ

初めに近鉄グループとの事業シナジーの検討をさせていただいたうえで、デューデリジェンスののち社内審議を行い、投資を実行します。

投資実行フロー図

期間:約23ヶ月

案件発掘

弊社担当者の案件開拓や企業様からの直接申込、他社からのご紹介を通じて、資金調達ニーズを伺います。

事業シナジーの検討

事業内容を確認させていただいた上で、弊社との事業シナジー創出が期待できるか検討します。

デューデリジェンス

事業シナジーの創出が期待できる場合、財務情報などについて調査します。必要に応じて、経営者や創業メンバーなどへのヒアリングも行います。

社内審議

弊社取締役会による審査を行います。

投資実行

契約書などの投資に必要な書類を整えて、投資を実行します。

PORTFOLIOポートフォリオ

投資先一覧

「多様な価値観を多様なまま許容する社会のインフラを創る」という理念のもと、毎月定額の利用料を支払うことで、国内外の提携宿泊施設を自由に選んで泊まることができるサービス「HafH(ハフ)」を展開

協 業

ライフスタイルや働き方の変化により生まれつつある、場所にとらわれず好きな場所に住みながら働きたいという新たなニーズに対応するため、「HafH」とグループが展開する交通サービス等との連携を進め、沿線における移動や消費の促進および関係人口創出による地域活性化を目指す

働き方の多様化の促進と働き手不足の解決を目指し、“この時間だけ働きたい”ユーザーと“この時間だけ働いてほしい”事業者を結ぶワークシェアリングサービス「タイミー」や、働き手が不足している地方の事業者と非日常的な体験を求める若者を結ぶワークシェアリングサービス「タイミートラベル」を展開

協 業

  • 近鉄グループ全体における短期求人需要への対応
  • 沿線地域と地域外の人々との間に、観光に留まらない多様な関係性を創出することによる地域活性化

Price(価格)とTechnology(技術)を組み合わせたPriceTech(プライステック)企業として、ホテル、コインパーキング、高速バス、小売業界等にデータ分析を元にした価格戦略支援サービス『MagicPrice』を提供

協 業

AIによる需要予測や、ダイナミックプライシング(需給状況に応じて変動させる価格戦略)のための価格戦略支援サービスのモデルを共同で構築し、グループ事業の収益性向上や価格設定業務の効率化を目指す

パワードウェアをはじめ、働く人たちの体の負担を軽減する “着るロボット”の開発・普及に取り組むロボティクスファーム。年齢や性別による力の差に左右されることなく働ける「パワーバリアレス社会」の実現を目指す

協 業

  • 近鉄グループの各種現場における作業員の作業効率改善などでの活用の検討
  • 沿線住民や近鉄グループの顧客が利用できる製品の共同開発を検討

次世代モビリティ時代を見据えたヘリコプターの遊覧サービス、チャーターサービスおよび日本で唯一のライドシェアサービス(チャーターの相席便)を提供

協 業

  • 富裕層やインバウンドの利用を想定し、観光遊覧サービスや、伊勢志摩など観光地への移動サービスの提供、万博・IRにおける活用などを検討
  • 将来的に、「空飛ぶタクシー」と呼ばれる次世代モビリティ市場への参入も視野に入れている

WEB サイト多言語化ソリューション「WOVN.io」の企画・開発・運営追加の開発を行うことなく、最大40ヶ国語に多言語化できるSaaS 型サービス

協 業

  • 大阪・関西万博、IR誘致による訪日外国人、外国人就労者の増加を見据え、近鉄グループ各社のWEB サイト等各種コンテンツの多言語対応力を強化
  • 沿線自治体などに対する多言語化支援サービスの展開についても検討

AI技術を駆使し、企業の持つデータの価値を最大化するデータインテグレーションサービスなどを提供米国創業、日本発シリコンバレー企業

協 業

  • 近鉄グループ各社個別に活用・分析していた保有データを集約・統合
  • 統合化データをAI で分析・可視化し、マーケティングに活用、より高度な顧客サービス提供を目指す。

PROGRAMプログラム

Plug and Play Japan

近鉄グループホールディングス株式会社は、世界トップレベルのグローバル・ベンチャーキャピタル/アクセラレーターであるPlug and Playが2020年7月に開設した「Plug and Play Osaka」にファウンディング(創設)パートナーとして参画、近鉄グループ各社とともに、革新的な技術やアイデアを持つ国内外のベンチャー企業とのオープンイノベーションを推進しています。

近鉄ベンチャーパートナーズは「Plug and Play Osaka」における近鉄グループ全体の窓口として、「Smart Cities」をテーマとしたアクセラレータープログラムでのベンチャー企業や他の企業パートナーとの連携調整、近鉄グループのイノベーション風土醸成を目的とした各種イベントの開催等を行っています。
Plug and Play Japan公式サイト

PROFILE会社情報

会社名
近鉄ベンチャーパートナーズ株式会社
所在地
大阪市天王寺区上本町6丁目1番55号(近鉄グループホールディングス株式会社 本社内)
設立
2018年8月1日
代表
代表取締役社長 藤田  一人 (ふじた かづひと)
資本金
1億円
出資枠(総額)
20億円
株主
近鉄グループホールディングス株式会社 100%

CONTACTお問い合わせ

お問い合わせは、下記連絡先までお願いいたします。
ご回答に数営業日いただく場合がございます。
予めご了承ください。

近鉄ベンチャーパートナーズ

MAIL: info_kvp@rw.kintetsu.co.jp

近鉄ベンチャーパートナーズ